沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

初めてスキューバダイビングする方へ

アドバンスダイバーライセンス地球の約7割を占める海。スキューバダイビングはこの海がフィールドだからダイビングライセンスを取得すると世界中の海を潜り楽しむ事ができます。
水中に広がる幻想的な景観、陸上では絶対に味わうことのできない浮遊感、色鮮やかな魚たちとのふれあい等・・・ 日常とはまったくかけ離れた「初めてな世界」を体感できます。まさに楽しみ方は無限大です!

スキューバダイビングの魅力

ダイビングは個々のペースで自由に楽しむものです。世界中には2000万人以上のダイバーがいます。参加される方も老若男女を問わず様々です。もしスキューバをはじめたら、共通の趣味を持つ仲間が世界中で待っています。ダイビングの輪を広げよう

スキューバダイビングは数名で楽しむレジャーです。お一人で参加されても、共通の趣味があれば一緒に潜るのが初めてでもすぐ打ち解けあえ新しい仲間がたくさんできます。
また、スキューバダイビングを楽しむダイバー同士がつながり、生涯にわたる親友や伴侶を得る方もいます。水中生物との出会いだけでなく、色んな人との「初めて」の出会いもダイビングの楽しみです。

国内では沖縄が温暖な気候で水温も高くスキューバを始めるのに良い条件がそろっています。沖縄の海は世界でもトップクラスの透明度と魚影を誇り、初めての方にもストレスなく、楽しんでいただけると思います。

ダイビングを始めたい!と思った方はこちらをどうぞ

ダイビングショップ選びで迷ってる方はこちらをどうぞ

ダイビングをぜひやってみたい!でもどうやって始めるの?

ダイビングを始めようと思っても、普段入ることのない水中世界の為、何から始めたらいいかよくわからない方もおられると思います。ダイビングをやってみたいと思ったら選択肢は2つあり、ひとつは体験ダイビングです。沖縄など海がキレイな南国への旅行をされたときにダイビングをしてみるのはに挑戦してみるのには良い機会です。もうひとつはCカード(ライセンス)取得してダイバーとして水中を楽しむ方法です。

1.体験ダイビング|水中世界を気軽に体験

最初に水中での注意事項を簡単にレクチャーしてもらい、次に浅場で呼吸の練習をするだけで水中世界を楽しめるコースになります。

体験ダイビング

水中ではインストラクターが常にあなたのそばにいてくれ、器材の操作をしてくれます。あなたのやることといえば呼吸をすることだけ。

また参加に必要な物も水着だけという実に気軽に参加できるプログラムです。また半日くらいのスケジュールで開催されているコースがほとんどなので、他にもやりたいことがある方には時間を有効に使えます。

体験ダイビングのメリット

  • ライセンス講習ではないので料金と時間を節約
  • スタッフが常にそばにいてくれて安心。
  • 水中で呼吸ができるので泳げない方でも参加可能

体験ダイビングのデメリット

  • 常にインストラクターに捕まえられていて自由度が低い
  • 限られた範囲しか動けない
  • 水深も3~5m前後の浅場で15~20分くらいの短時間

気軽にダイビング体験は出来るが、行動範囲はかなり制限される為、自分の意志で自由に泳げず、限られた場所でのみ遊ぶ、といった感じです。

2.ライセンス取得する|世界中でダイビングできるCカードをゲット

ライセンスコースでは、ダイビングの知識を教材で学習し、実技練習では実際に器材の使用方法やインストラクターと一緒に海に潜りダイビングスキルを習得します。

水中世界

そしてCカードを取得したら、自由に水中を泳ぎ回ることが出来ます。スキューバダイビングのイメージで頭に浮かぶのはやはりこちらのコースでしょう。

Cカードは運転免許証の様に更新はありませんから、一度取得してしまえば、日本国内・海外を問わず、世界中で楽しめる様になります。

ライセンス取得のメリット

  • 水中世界を自由に思う存分楽しむことができる
  • 世界中の海でファンダイビングに参加できる
  • 老若男女問わず、同じ趣味の仲間ができる

ライセンス取得のデメリット

  • ライセンス取得に費用と時間がかかる

まとめ

体験ダイビングとライセンス取得の違いは以上になります。海の中を制限されずに自由に泳ぎまわりたい、水中世界の自然さを感じたいならライセンス取得をお勧めします。空を飛ぶ鳥のように、海の中を漂う感覚は本当に気持ちが良いです。

ただ時間がとれない方は、まずは体験ダイビングをやってみてその魅力を体で感じてみてください。その後、ライセンス取得するか決めても決して遅くはありません。

ダイビングを始めたい!と思った方はこちらをどうぞ

ダイビングショップ選びで迷ってる方はこちらをどうぞ

Return Top