沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

沖縄

沖縄

ダイビングライセンス講習 ケラマ
295

ダイビングライセンス講習 ケラマ

11月も残すところあと1週間ですね~。勤労感謝のこの日も休まずお仕事!(*^o^*) 貧乏暇ナシ・・・(^_^;) 今日のゲストさん。昨日から講習を頑張っております!今日の海は昨日と違って透明度抜群!ご機嫌です この日のポイントは慶良間の一番端っこの島まで。「久場島」地形が楽しめるポイントであります 慶良間版「青の洞窟...
ホームページリニューアル
557

ホームページリニューアル

今後ともよろしくお願いいたします 「news」のところにも書きましたが、ホームページをリニューアルしました。 リニューアルに伴いブログもこちらで運営することにしました。 毎日更新!とは行きませんが、これからはこのサイト内でブログ更新しますので、お気に入り登録の変更お願いいたします。
ボートダイビング時は器材をコンパクトにまとめましょう

ボートダイビング時は器材をコンパクトにまとめましょう

ボートダイビングはスペースが限られています ボートの上では器材が散乱しがちです。特にエギジット後だと、他のダイバーの器材とゴチャゴチャになっているという事も多いです。素早く自分の器材をひとまとめにしておく。ウエイトベルトも確保しておきましょう(間違って人のウエイトを使って潜ると「沈めない~」なんてこともあります)。いつ...
ロープを使って安全に潜降する

ロープを使って安全に潜降する

深いダイビングスポットでもロープを使うと潜降が楽にできます 水深のある場所から潜降を開始する場合は、ロープを使うと便利です。特に経験の少ない初心者さんはフィートファーストで安全にしかも確実に潜ることができ、とってもGOODな方法です。また、耳が抜けずらい場合など、ロープをつかんでその水深にとどまることができ、確実に抜い...
スキューバダイビング用語集

スキューバダイビング用語集

ダイビングの専門用語で「?」の時は・・・ 聞きなれない言葉が並びますが、ここに載せているのはほんの一握りです。ダイビングを続けていくと徐々に覚えていきますので、ダイビングを楽しみつつ覚えていってくださいね(^∀^)ノ アンカーリング・・・ボートダイビングの一種で、アンカー(イカリ)ロープで船を固定してその周りを潜るスタ...
現地集合の方はこちら

現地集合の方はこちら

那覇以外にお泊りの方や体験ダイブ・スノーケルコース・一部のキャンペーンは現地集合になります 那覇以外にお泊りの方や、体験ダイビング・シュノーケリングメニュー、一部のキャンペーンは基本的に現地集合となります。事前に集合場所と集合時間をご案内しますので、下記を参考に現地集合お願いいたします。 ※当日はお時間になりましたらス...
効果的なフィンキック

効果的なフィンキック

基本は「上下に大きく、ゆっくり」です。中性浮力も忘れずに・・・ 少ない力で効率よく泳ぎ回るための便利な器材「フィン」。正しいフィンキックを覚えてわずかな力でそのフィンの持つポテンシャルを120%引きだしてあげましょう。フィンが自分にあったものか、そうでないのかでスキューバダイビングの楽しさが大きく変わりますよ。徹底的に...
ダイビング中の姿勢について
818

ダイビング中の姿勢について

身体を水平に。流線型を保ちましょう スキューバダイビングに限らず、全てのスポーツではプロの選手の姿勢はそれなりに美しいです。理にかなった姿勢というのは やはり美しいものなのです。 ダイビングの理想的な姿勢は「流線型」です。身体は水平に、タンクとお尻をくっつけるように背筋を伸ばし、顔は進行方法をしっかりと見る(アゴは上げ...
マスククリアの方法
741

マスククリアの方法

マスクに水が入ったら・・・慌てずに「マスククリア」 水中でのトラブルで焦りがちなのがマスクに水が入った場合です。間違って鼻から吸ってしまうとマスク内の水が鼻から入り込み、プチパニックになることも・・・。簡単なスキルですのでしっかり練習して自分のものにしてしまいましょう。 まずマスク上部のフレームの部分(プラスチックの固...
慶良間ダイビング!世界有数の透明度です

慶良間ダイビング!世界有数の透明度です

慶良間ダイビング(ケラマ)では、世界有数のファンダイビングポイントを潜ります。当店のファンダイビングコースで1番人気です。慶良間の透明度・魚影の濃さは抜群で、世界中のダイバーから絶大な支持を受けています。その素晴らしさは2014年に国立公園に指定されるほどです。ウミガメはもちろん、運が良ければマンタやサメなどの大物との...
Return Top