沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

ダイビング中の姿勢について

身体を水平に。流線型を保ちましょう

水中での姿勢
スキューバダイビングに限らず、全てのスポーツではプロの選手の姿勢はそれなりに美しいです。理にかなった姿勢というのは やはり美しいものなのです。

ダイビングの理想的な姿勢は「流線型」です。身体は水平に、タンクとお尻をくっつけるように背筋を伸ばし、顔は進行方法をしっかりと見る(アゴは上げ気味ですね)。足は大きくゆっくりと上下に動かします(平泳ぎは×ですね)

正しい姿勢で泳ごう
右の写真のダイバーは体が斜めになった状態で泳いでいます。この姿勢では体全体に抵抗がかかり、進みにくくなってしまいます。原因としてウエイトが重すぎる場合があります。おもりが重すぎると越が沈み体は必然と立ってしまいます。身体が立ち気味のかたは適正なおもりの量を、再度チェックしてみましょう。

水中での姿勢が良いと、見た目がキレイと言うばかりでなく、砂地でもフィンキックで砂をの巻き上げませんし、サンゴを蹴飛ばしたり、といったことも少なくなります。またエアーの消費量が少ない量で済みます。美しい水中姿勢で泳ぐことは、カッコイイダイバーになるためのステップです。泳ぐ姿勢をインストラクターやバディさんにチェックしてもらって下さい。

正しい姿勢で泳ぐ
また中性浮力をとることも大切です。大まかな調整はBCDジャケットで、微調整は肺のトリミングを使い、浮力コントロールしてみましょう。ポイントは「肺を大きく使う」です。吸うのも吐くのもいつもより長い時間をかけてやってみると浮き沈みのコツがわかりやすいです。

【コメント】
まずは「適正ウエイト」のチェック、そして中性浮力を意識してみる。この2つを実践するだけでもかなり楽に泳げるようになります。そして上記で述べたように「身体を水平にして泳ぐ!」という事も意識してくださいね

Return Top