沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

ビーチダイビングのエキジットの仕方

足の付く浅い場所ほど思わぬ危険が・・・

ビーチダイビングのエキジット
エキジットの際は、水中から戻ったという安堵感から気が緩みがちです。ダイビング後という事もあり体力が消耗している場合が多いので速やかに海から上がれるようバディと協力しましょう。エキジットポイントは足がつく浅場であることが多いですが、自分の安全が確保できるまでは呼吸器とマスクは外さないこと!そこは波が寄せたり引いたりしてたっていることも難しい場合があります。うっかり転んでしまってもマスクと呼吸器を装着していればたいていの事にも対処できるはずです。EN時にも言えることですが水際ではテキパキとした行動が必要です。

浮上したらレギュレーター・マスクは付けたまま足がつく場所まで水面移動しましょう。海況にもよりますが腰くらいの場所で立ち上がるのがベストです。浅い場所は波・流れ・うねりの影響を受けやすいです。波の動きを適格に読み、バディと協力して速やかにフィンを脱ぎましょう。エキジットする前に一度浮上し、エキジットポイントや波の波長を確認すると、比較的簡単にあげれる場合が多いですよ。

フィンを脱ぐと安心しきってしまいがちです。波や足場が悪い場所では転んでしまう事もあるのでマスク・レギュレーターは自分の安全が確保できるまで装着したままにしておきましょう。

【コメント】
エントリー同様、ビーチダイビングで気を使うのがエギジット時です。無重力の水中から急にタンクやウエイトの重さがかかり、ダイビング後で体力が消耗していますので、無理をせずバディと協力して速やかに水中から出る、と言うことを心掛けてください。

Return Top