沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

スキューバダイビングの器材について

ダイビング器材スキューバダイビングは、水中という特殊な環境下で楽しむレジャーです。陸上と違って、何も身に付けていなければ呼吸ができないし思うように動くことができません。より快適に楽しむためにも、専用の器材が数多く必要です。そして、この器材がとても重要になります。

ここではダイビングで使用する器材について解説していきます。

器材レンタル

マスク

海水と目の間に空気層を作ることで水中での視界を確保するための器材です。視力が悪い方にはレンズを度付入りにすることができます。必ずマスクの中に鼻が入るものを使用します。水泳用のゴーグルはダイビングでは使用できません。マスクを選ぶときはマスクを顔にあてて、鼻から軽く息を吸い、手を放しても落ちないものにしましょう。一眼タイプや二眼タイプなどありますが、なるべく視界の広いものがいいでしょう。顔に直接あたるスカートは、水が入りにくいように柔らかく耐久性のあるシリコン製が一般的です。

シュノーケル

水面で使用し、顔を水面につけながら呼吸をすることができます。息つぎをする度に顔を上げる必要がないので、スキューバーダイビングの水面移動中に使うと、タンクのエアーの節約にもなります。また体力の消耗を防げます。排水弁付のものを使うと排水がしやすいので、このタイプが一般に使用されています。スノーケルはレギュレーターを右側から咥える関係からマスクの左側に付けるのが一般的です。マウスピースが口の大きさにあっているくわえやすいものを選びましょう。肺活量に応じて、女性や子供用のものもあります。

フィン

ブレードで水を捉えかき出すことで最小の運動エネルギーで最大の推進力を得ることができます。泳ぐ時に手を使わなくても楽に泳ぐことができるので、両手が自由に使えます。ブーツを履いてはくストラップタイプと、素足やソックスをつけてはくフルフットタイプがあります。材質は、ブレードにはりのあるゴム製、軽いプラスチック製、ウレタン製などの種類があります。脚力や使用水域にあわせて使いやすいフィンを選びましょう。一般的には、初心者はブレードが固いフィンよりも、やわらかいフィンの方が使いやすいでしょう。

ブーツ

移動するときに足をケガから守り、また保温してくれます。使用する環境に応じて選ぶ必要があります。裏が増えると素材のものが滑りにくいです。

グローブ

長時間入っていると皮膚がふやけてきます。岩やサンゴ礁などでけがをしやすくなるので着用していると手を守れます。また、保温のために使用します。手袋をしてるからといって、海洋生物など触れるのはNGです。

BCD

BCDは、タンクの空気を水面や水中で出し入れすることにより浮力調整する器材です。緊急時は浮き袋の代わりにもなり、またタンクを固定して背負う為のものでもあります。

レギュレーター

ファーストステージ・セカンドステージ・ゲージ・中圧ホース・オクトパスなどから構成されています。タンク内の高圧の空気を圧縮し、ダイバーが自然に呼吸できるようにするものです。ダイバーはこれを加えて呼吸をします。

ウエットスーツ

岩やサンゴ礁、クラゲなどの生物から体を守るための器材です。また水中で体温が奪われていくので着用することにより保温の効果もあります。寒冷地等で潜る場合は、海水が内部に侵入してこない「ドライスーツ」というものがあります。ダイビングする場所・水温によって着用スーツを変える必要があります。

メッシュバッグ

ダイビングに必要な器材をまとめる際に使用します。ダイビングではたくさんの器材を使うので大きく丈夫なものが良いでしょう。

毎回の使い勝手を考えるとマイ器材を用意するのが上達の近道

本音から言いますと・・・、使い勝手など自分にあったマイ器材を持っていただくのが一番です。ですが、最初から全て揃えるのは金銭的にも大変ですし、保管場所にも困るので最初のうちはダイビングショップのレンタル器材を使うのも良いでしょう。最近は安全管理の意識からかダイビングコンピュータや、思いで作りに水中カメラを最初に買う方も多いです。

Return Top