沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

ダイビングスクールの選び方について

ダイビングスクールの選び方 スキューバダイビング初心者にとって強い味方になってくれるのが、ライセンススクールやダイビングショップのスタッフです。ダイビング経験が豊富で、適切なアドバイスをしてもらえるでしょう。ですから、単に値段の安さなどでライセンススクールやお店を選択するのではなく、自分に合ったスクール・ショップを見つけるのが、これからのダイビングライフをより快適に楽しめる秘訣と言えるでしょう。

またスキューバダイビングを楽しむためには、器材の取扱い方法や海での安全知識、海での実技練習を学ぶことは必要不可欠ですので、スクール・ショップ選びで注目すべきポイントについてまとめてみました。

都市型か、または沖縄などのリゾート地のショップか

ダイビングのライセンス取得では大きく分けると、街中にある都市型のスクールと、リゾート地(沖縄など)にあるダイビングショップで旅行ついでに取得する場合とに分かれます。都市型スクールでは、会社帰りや学校帰りに受講できるので自分の空いた時間を利用できるので、まとまったお休みをとれない方やじっくりと時間をかけて受講したい方には向いているでしょう。お休みまとまって取りやすい方には沖縄などのリゾート地で短期間で集中して取得することもできます。旅行気分で取得できますので人気も高いです。自分が講習に参加できる期間、時間などを考慮する必要がありますが、それぞれのメリットとデメリットを上げておきます

都市型の場合

都市型のショップ
メリット ・自分の空いている時間を利用しやすい
デメリット ・講習代金が高め
・講習期間が長期になる場合がある
・水温が低く、寒い思いをする場合がある

沖縄などリゾート地の場合

リゾート地(沖縄など)のショップ
メリット ・旅行のついでに取得できる
・短期間で集中して取得できる
・美しい海、キレイな魚に囲まれて実習できる
・水温が高く、快適に実習を受けられる
・講習料金が割安で済む
デメリット 宿泊代、航空機代がかかる

沖縄では格安ホテルやドミトリー(1泊1500円程度)の宿が多くありますし、航空機は「LCC」など格安チケットがありますので、気軽に沖縄旅行に来るついでに取得しよう!なんて方が多いです

ポイントその1最近では格安航空券+宿のセットで沖縄にライセンス取得に来られる方が非常に多いです

スクールの実績、ダイビングの経験が豊富か

ダイビングそのものだけでなく、ダイビングの指導年数や経験も非常に重要です。そのため、スクール選びにも実績や経験をチェックポイントにすることも大切です。 例えば、お店の運営の歴史やインストラクターの経験年数などが目安になると思います。歴史のある大型店舗でも経験の少ないインストラクターばかりでは心もとないですよね!

ポイントその2当店のメインガイドはインスタラクター歴15年以上のベテランガイドです

発行されるカードの種類は?

取得できるCカードが海外では通用しない指導団体の場合もあります。指導団体大手の「PADI」や「NAUI」「CMAS」「SSI」「BSAC」などは世界中に支部があり、海外でも通用します。

ポイントその3当店の発行カードは世界シェア率NO1の「PADI」です。またお好みで「CMAS」カードも発行可能です

お店の雰囲気、スタッフの応対などが気に入るか

お店の雰囲気やスタッフの対応などは、受け取る側との相性があり、感覚的なものなので難しいかと思いますが、直感的に違和感を感じる場合は、他のライセンススクール・ショップをあたった方が良いかもしれません。

ポイントその4少人数制のお店ですのでスタッフやゲスト様との距離が近くすぐ打ち解け会えます

講習にかかる費用は?

「Cカード」取得までには、講習料金のほか器材レンタル料・教材費・施設使用料・交通費・宿泊費・ライセンス申請料などの費用がかかります。お店によってはどこまで含まれているかはマチマチです。ライセンススクールやショップのホームページで確認できると思いますが、わからない点は事前に確認しておきましょう。割引特典やキャンペーンをしている場合も、値段は最終的にいくらかかるのか、確認しておいてた方が無難です。

ポイントその5当店ではコミコミ価格の明朗会計です

こんなお店はNGです

  • 高価な器材の購入を必要以上に押してくる
  • 料金表示が不明瞭(あとで「追加費用が○○です・・・」)
  • 器材を買わないとCカードを発行しないと言ってくる

当店「沖縄マリンクラブアン」はこんなお店です

Return Top