沖縄ダイビングライセンスと格安スキューバファンダイビング

沖縄ダイビングライセンスとファンダイビング・マリンクラブアン

お問い合わせ 電話番号0988628526 営業時間

フリーフローレギュレーターの対処方法

エアーが出っぱなしになるので、半分だけ口に入れ、必要な分だけ吸う

フリーフローレギュレーター
定期的なオーバーホールを怠ると、ファーストステージ内の高圧弁まわりのパーツが破損して、高圧の空気がセカンドステージから出放しになるフリーフローという症状が起こることがあります。1stステージや2ndステージの故障から起こりうるのですが、レギュレ―ターは故障しても安全の為に、空気が止まるのではなく空気が出っぱなしになるのです。その対処方法をまとめました。

フリーフローレギュレーターの対処方法
通常のようにマウスピースをくわえると勢いで口からマウスピースが外れたり、無理やり噛んで咥えたとしても余分な空気が肺に入り肺の過膨張傷害をおこしてしまう可能性があります。最初は驚くかもしれませんが、簡単に対処できますのでご安心ください。

フリーフローした場合はセカンドステージを握りながら、マウスピースの半分を口にくわえます。くわえているマウスピースから必要な空気を吸い、もう片方の出しているマウスピースから余分に出ている空気を外に逃がしてあげましょう。

【コメント】
呼吸できるからといってそのままダイビングを続けてはいけません。エアが通常より早くなくなるからです。速やかに浮上し、浮力の確保をし、陸に上がりましょう。バルブを閉めて器材をかたずけ、修理依頼する、と言うのが手順です。

Return Top